ちーたーのゲーム日記

趣旨としてはFPSを上達させるためのブログですが、FPS以外のゲームも積んでますのでいろんなゲームやっていきます!

Windowsゲーム機とMacで快適2PC配信(OBS - NDI)

Windowsゲーム機とMacで快適2PC配信(OBS - NDI)

概要f:id:catliontigercheetah:20191108160236j:plain

キャプチャボードも持っていなく、ゲーミングPCでの配信は辛いし、 と別の配信方法を考えたとき 2PCでOBS - NDI配信について知った。

メリット・デメリット

2PC 配信のメリット

  • ゲーミングPCに負荷がかからない
    • FPSが落ちない

2PC 配信のデメリット

  • PCを用意しないといけない
    • わざわざ買う必要はなく、PCが余っている方のみやるべき

NDI 配信のメリット

  • キャプチャボードが不要(無駄なお金がかからない)

NDI 配信のデメリット

  • 配信 + 配信用PCへの通信で、ネットワークの帯域を結構使う
    • nuro光のような回線じゃないと厳しいかも・・・。

ねこらいおんとらちーたーの配信環境

  • 通信環境: Nuro光
  • 有線LAN
    • Mac, Windowsともに上記LANケーブル利用

設定方法

この辺は割愛する。僕が書く記事より有用な記事がたくさんありますので。 僕もそれらの記事を参考にして設定したので・・・。

https://nomamemo.com/gadget/post-2749/ https://jpstreamer.com/streamingtrend/2pc-streaming-ndi-settings

トラブルシューティング

ゲーミングPC側で設定したoutput settingsが表示されない

ゲーミングPCを再起動すると認識するようになった。

配信してみての感想

Twitch で配信してみた際の感想。

  • ゲーミングPC => Mac 間の通信が100Mbps
    • 結構な通信容量を食っている
    • 出力設定から「出力画面サイズ」を下げて 60-80Mbpsほどになった
  • ゲーミングPCの負荷はそこまでない。上記の通信によって多少pingが悪くなることはあった
  • Mac(配信側)のスペックはこれで十分。普通に配信できた
  • ということで、配信できる環境が整った。 僕のエイム練習風景、成長姿を見守ってくださいー。


ゲームをうまくなるために、僕がこれから実践しようとしていること

ゲームをうまくなるために、僕がこれから実践しようとしている、個人的な見解を示す。

そもそも論

そもそも先人の言葉に下記があるように、”経験”が最も上達させるものだと思う。

  • 経験に勝るものなし
  • 1万時間の法則

僕も過去に、コンシューマー(PS)でBFをやっていたが、最初は全くキルができずデスしまくってた。 kill:death = 1:5なんてザラでした。大変申し訳無い。

しかし、続けていくうちにBF4/Dominationの総合スコアでは世界のTOP30ぐらいに載るぐらいになった。(単純にかけた時間が多いだけってのもあるが)

このような経験からやはり経験にまさるものはない。時間があればゲームをやり続ければ絶対にうまくなる。

1万時間の法則をより短くするための見解

社会人となり、ゲームにかけることができる時間が少なくなった。 そこで、より効率的にFPSゲームをうまくなるための見解を考えた。

※ 根拠のないことなので、僕が人柱になって実績を出したいと思います

僕が考える、FPSゲームを上達させる要素は下の4つであると考えている。

  • 基礎技術
  • 身体技術
  • 立ち回り
  • ゲーム特有の技術

これらの要素を一つ一つ説明していくとともに、僕が考える練習法を述べる。

基本操作

プロゲーマーを観ていると、どのゲームでもある程度の実力は出せている。それはそもそもの基礎技術が高いからであると僕は考える。 基礎技術というのは、腰だめ時のエイム・ADS時のエイム・腰だめからADSで照準を合わせる速度である。

これらを伸ばすためには、エイム練習ソフトを使うのが手っ取り早いと考えている。 Steamでは、Aim Labなどのエイム練習ソフトが存在しているので購入することをおすすめする。

僕自身も現在これでエイム練習をしており、日々上達していることが目に見えてわかる。(絶賛更新中) https://www.youtube.com/channel/UCP3ODzTtZDw5VpYBlZ5Fthw?view_as=subscriber Apex Legends や PUBG などのバトルロワイヤル系ゲームは 接敵時間が少なく、時間に対してエイムの練習時間が短いためおすすめできない。

BFなどのリスポーン可能なゲームもエイム練習になるだろう。また、対人での接敵慣れもできるため単純なエイム練習ソフトとリスポーン可能なFPSで練習することをおすすめする。 僕は、Aim Lab で30分ほどエイム練習してから、BF4で接敵の練習をしている。

身体技術

なんだかんだで、反射神経などは必要なのではないかな、と最近思うようになった。きっかけはないが。

エイム練習ソフトでも反応速度の向上は見られるが、結局人の体からマウス・キーボードを動かすので身体技術が必要なのは間違いない。根本的なところでもある。

最近、僕は「閉眼片足立ち」を実施している。 https://ncode.syosetu.com/n2848db/

立ち回り

「ゲーム特有の技術」に少しかぶるところもあるが、立ち回りが重要である。 プレイヤーの動きを推測して、高所などの強ポジをとることはFPSゲームでは重要である。

また、BFであれば裏を取ることでゲームをだいぶ有利にすすめることができる。

これらは、各ゲームの攻略サイトなどに立ち回り方が詳しく書いてあるので割愛する。

ゲーム特有の技術

対象のゲームを上達させるには、対象のゲーム特有の技術を学ばなければいけない。 Apex Legends でいうと、すでに使えなくなったが「バニーホップ」やパスファインダーのジップ技術、スライディング、 各キャラクター固有スキル(立ち回りに近い)などがそうである。

プロゲーマーや、Twitchで配信している上手いプレーヤーは、一つ一つの動きにメリハリがあり、エイムだけではなく、これらの技術を習得しているように見える。 これらの技術は、Youtube攻略サイトを観て学び、トレーニングモードなどで練習あるのみである。

まとめ

FPSゲームをうまくなるためには、下の4つの要素が重要と僕は考えている。

  • 基礎技術
  • 身体技術
  • 立ち回り
  • ゲーム特有の技術

僕は、これから書きを実践していく。

  • 基礎技術
    • Aim Lab でエイム練習
    • BF4 で接敵練習
    • Apex Legends(このゲームでうまくなりたい)で経験
  • 身体技術
    • 閉眼片足立ち
  • 立ち回り/ゲーム特有の技術
    • うまい人達の動きを見る
    • youtube / 攻略サイト でゲーム特有の技術を学び、実践に活かす

まずは僕が人柱になります。積極的にアウトプットして成果を見せていきたい。

SNS

* twitter
    * https://twitter.com/ch_nekopunch
* youtube(エイム練習の様子をあげています)
    * https://www.youtube.com/channel/UCP3ODzTtZDw5VpYBlZ5Fthw?view_as=subscriber

PCと周辺機器(マウス・キーボードなど)

はじめに

僕のPCと、周辺機器を載せます。

全体的に初心者にしては不満はないので迷ったらとりあえずこれ買ってみても良いかも。

周辺機器

PC

はじめまして、ブログ始めました

はじめに

はじめまして、ねこぱんちです。

これまでなんとなくPUBG、APEXをやっていましたが最近成長に悩んでいます。 そこで、思い至ったのがしっかり意識して練習していこう。という気持ちです。

そもそも、僕の最高記録は、このくらいです。

  • APEX: 最高10キル、ダメージ1500くらい
  • PUBG 最高キル7キル(SQUAD)

最近はAPEXをやっているので、20キル・ハンマーを目指したい。強さとしてはその程度を目指しています。 (APEXを結構やっている方であればそこまで目標高くない)

そして、そんな僕の成長・僕の考えをここに残し、初心者、キルが伸ばせない方に役立てばいいと思っています。

SNS